お金に対する認識

さて今回はお金について少し考えていきましょう。

お金とは価値の基準です。

あらゆるものの価値を決めるもの。それがお金です。

現代で自給自足している人はほとんどいません。だからお金を払ってモノを買っています。

生活するためには必ずお金は必要です。

ここまでは言わずもがなですね。

しかしお金に関しての認識が間違っている人がたくさんいます。

よくお金持ちの人に対して「アイツはお金に縛られている」と言ったりする人がいますがこれは大きな勘違いです。

お金持ちはお金から自由です。

なぜならお金に関して悩むことがないからです。

一方で所謂稼げない人たちはお金について悩みます。

欲しいものを我慢したり、過度に節約したり、

家庭を持っているなら、子供の学費、習い事など、

やはりお金による制限があります。

お金に縛られるというのは、お金を基準にできる事が決まるという事です。

こんなことを言うとこんな反論が来ると思います。

「お金がすべてじゃない」

確かにその通りです。

もちろんお金が無くて生活に制限があっても幸せは感じられます。

でもお金があればもっと自由です。

もっと言えば、もっと幸せになれます。

お金があるから幸せなのでは無く、お金に悩まないからもっと幸せを発見できるんです。

お金が全てではないからこそお金による生活の制限があってはダメなんです。

お金から目を背けるのは幸せから目を背けるのと同じです。

幸せと向き合う第一歩はお金の稼ぎ方について知ることです。

では今回はこのくらいにしておきましょう。