継続がなければ成功はありえません

ビジネス、スポーツなどどの分野でも成功するには継続というものが一番重要になってきます。

というか継続ができれば少なからず成果は絶対に出ます。

しかし多くの人が、何かにチャレンジし始めても成果が出ないとすぐにやめちゃいます。

かなり勿体無い。。。

これは「成長」というものを間違った捉え方をしていることが原因です。

日本の学校教育を受けてきた以上間違った認識をしてしまうのも仕方がないことです。

だからあなたは悪くありません。

間違っていたと気づいたら直せばいいのです。

さて、「成長」とは何でしょう。

成長とはとても小さなことです。ここに大きな認識の違いが発生しています。

あなたは成長と成功をごちゃ混ぜにしていませんか?

多くの人は成長を感じるには成功しなければいけないと思い込んでいます。

例えば、初めて聞くもの学ぶものを1回で理解しようとするということです。

それで何かわからないことが一つでもあると「自分には無理だ」とやめてしまいます。僕は数学が苦手でわからないことがあるとすぐに諦めていました。

となると、ここでわかったことが一つあります。

人は嫌い、苦手と思い込んんでいるものに触れると避けたがる。ということです。

もっというと、できない自分を受け入れたくないから逃げている。

僕の数学の例でいくと、数学ができない自分を受け入れたくないから「できない」といって言い訳し逃げているってことですね。

最初から嫌いなのは数学ではなく、できない自分なんです。

これが間違った認識の根っこの部分です。

では、改善方法です。

それは「完璧主義」をやめることです。

完璧でいることにフォーカスするからできない自分が嫌いになります。

誰でも初めから完璧でいることなんてありえません。こんなこと誰でも敷いています。

ただ学校教育というのは「これができたら次に進んでいいよ」といってわからないところはスキップできない仕組みになっています。意識せずとも10年このような教育の元に育っているなら刷り込まれて当然です。

だから挑戦することに臆病になったり、挑戦しようとする人の足を引っ張るようになるんです。

初めは「何もできない」とわかっているが故に「できるようになろう」と思わないようにしています。

成長することに臆病になっています。

継続できないのは「できる、できない」という狭い世界で生きているからです。

自分の少しの成長を感じ取るように意識してみてください。

本田圭佑さんの言葉で、

「成功にとらわれるな、成長にとらわれろ」というものがあります。

まさにその通りです。

成功よりも先に成長に喜ぶ。

これができてない人ばかりで、すぐに挫折を感じてやめてしまう。

もっとハードル下げましょう。

チャレンジしているあなたは必ず成長しています。

そんなあなたをあなた自身で好きになってください。

変化を楽しむと毎日違う1日を過ごせます。

では今回はこのくらいにしておきます。